保育方針


保育理念


(1)児童福祉法に基づき、子どもの最善の利益を守り心身共に健やかに育てます。

(2)子どもの人権に配慮し、人格を尊重した保育を行います。

(3)子育ての家庭の支援を行い、地域社会に貢献します。


基本方針

(1) 子どものありのままを受容し愛情豊かに関わり、子どもが信頼感を持ち安定して生活できるようにします。

(2) 子どもの発達について職員が共通理解し、一人一人の心と体の育ちに配慮して保育します。

(3) 子どもが生き生きと活動できる環境を整え、主体的に関わろうとする姿を尊重し、適切に援助します。

(4) 計画やマニュアルに基づき、安全・安心な保育をします。

(5) 保育所の特性と職員の専門性を生かして、地域社会と連携しながら保護者や地域の子育て家庭を支援します。


保育目標

・ 健康で元気に活動できる体を作る。

・ 自分で考えて行動する力を育てる。

・ 感性豊かで思いやりのある心を育む。